運勢が上がるかどうかはわかりませんが、私は掃除と身の回りの整理・無駄なものは持たないということは守っていきたいと思いできるだけ実行してます。

これは断捨離や風水の影響を受けていますが、母親の影響が一番強いと思っています。

母は昔の人ですから物は大事にしてますから、使わないような物も取ってありました。

ただ我々の時代と違い根本持っている物が少ないので、捨てなくても物で溢れるということはありませんでした。

汚れた部屋には貧乏神が寄ってくる


汚れた部屋にいても幸運が来ますよと言うことを提唱する人は、聞いたことがありません。

お金に困っている人の家は、「臭い」「汚い」「湿気が溜まっている」などの共通点があるようです。

特に湿気が溜まっているような部屋に生活していては、健康すら損なわれてしまいますよね。

私も時間が許す限り、掃除をするようにしていますし、朝は必ず窓を開け空気の入れ替えをします。

ま〜あ働きながらなので、掃除はそこそこと言ったところです。

今貧乏なので、キレイとはいえないのかもしれませんね(^∇^)

引き出しの整理を始めよう


私の力が及ぶ範囲で見えているところは、無駄なものが比較的少ないと思っています。

妻の部屋や息子の部屋は、私の力の及ぶところではないので、汚部屋状態です。

娘の部屋は、性格が私に似たのかスッキリしています。

妻と息子もそのうち気づき、片付けることでしょう。

さて私の部屋も一見片付いているように見えますが、前々から気になっているのが引き出しの中です。

ここはなかなか手付かずの場所です。

いよいよここにも、メスを入れようとついに決断しました。

捨てて掃除するだけですから、簡単他言えば簡単です。

普段見えないから、いい加減になりやすい場所です。

お金が貯まる4つの法則


決断したなんて大げさに言いましたが、「座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋 片づけで金運&幸運をつかむ!/伊藤勇司【1000円以上送料無料】」という本に影響されただけです。

 

お金が貯まる4つの法則をここで紹介します。

1.玄関・床・窓がピカピカ


2.見えないところまで手入れしている


3.流行に流されて買ったものがない


4.大黒柱である夫のスペースが整えられている


 

このうち2番は、押入れ・引き出しなど見えない所を掃除するという事を言っています。

 

伊藤勇司さんの著書であと感心したのは、ホテルのような部屋には注意というのには感心させられました。

生活している自分の部屋を、ホテルのような無味乾燥な部屋にはしてはいけないそうです。

わかるような気がします。

 

私は、どちらかと言えばホテルやモデルルームのような部屋にしたいと思考してしまいます。

でもそこまで完璧にしてしまうと、くつろぐという感じでなくなってしまいますよね。

きれいなだけの部屋でなく、愛着の持てる部屋にしていくのが心の安定につながるのでしょうね!!(お金持ちに成れたら更に良いですよね!!)

まとめ


無理は禁物ですが、一つ一つ計画を立て実行していくことにします。

引き出しは、とりあえず使わないものを捨てました。

文具類って、使わなくても使えると取っておいてしまいます。

そして、余分なものがあると、必要なものが探せなくなります(うん!これ重要)。

 

引き出しの次は、1番の掃除で、窓拭きを来週の休みにやろうと思っています(何年ぶりだ?)。