こころ軽やかな暮らし

東京で暮らしていると、知らず知らずにイライラしてしまいます。少しでも、余裕 を持てるようにと暮らしを考える日々です。

カテゴリ:整体 > 腰痛

長時間立っているのが辛い、逆に座っていると痛みが出てきてしまうなど、慢性的な腰痛に悩んでいる人は、数多くいらっしゃいます。 ですから我々のような職業の人が数多くいるのでしょうね! 対策として、我々も筋力をつけましょうねと簡単に言ってしまう場合があります。 ...

これまで3つの腰痛を述べてきましたが、この筋・筋膜性腰痛は、他の腰痛と同時に起こっていることがあります。 筋肉・筋膜が緊張している時、筋肉のある部分を押すと痛みの出る部分があります。これを、トリガーポイントと言います。 このトリガーポイントを押すと響いい ...

仙腸関節もあまり耳にしない関節ですよね! 仙腸関節は、骨盤に有る仙骨と腰骨こと寛骨(腸骨)のジョイント部分の事です。 この関節は、以前は不動関節と言われ動かないとされていましたが、レントゲン技術の進歩により3〜5㍉程度滑るように動く事が確認されました。 仙 ...

背骨に関節があると言うとピントこないかもしれませんが、有るんですね! 背骨の後側に横と後ろに突起があります。この横側の突起の上下に関節面があり、上下の骨がジョイントしています。 これを椎間関節と言います。 この関節は、椎骨間を支えと連結を行います。 また ...

椎間板性腰痛は、椎間板が微妙なズレなどが原因で痛みが発生する腰痛です。 特徴としては、数分から20分くらい立っていると徐々に痛みが出てきます。 しばらく横になって休んでいると痛みが引いてくるのが特徴です。 重労働や過度な運動もしくは、加齢により椎間板の繊維 ...

自分で運動療法により改善できる腰痛と治療が必要な腰痛をまずは、見分けましょう。 骨折や感染症あるいは腫瘍による腰痛は、絶対に治療が必要です。 ギックリ腰は、やはり一度医療機関に受診してください。稀に骨折も有ります。 あまりに酷い痛みだと、入院させてくれる ...

年齢とともに姿勢は、悪くなります。 筋力の低下や、長年の不良姿勢の結果背骨に変異が見られるようになり、腰痛の原因になります。 バランスが、悪くなりいろんな所に負担がかかり負担のかかった所は硬くなります。 固い所は、血液などの循環が悪くなり老廃物や疲労物質 ...

座ると痛い腰痛は、腰椎が後弯し腰周りの筋肉が過緊張するために起きます。 立っていると痛む腰痛は、腰椎が過前弯することにより、腰仙関節周囲の炎症により痛みが出ます。 前者を筋筋膜性腰痛と言い、後者は関節炎と分類できます。 後者は、この状態が進み脊柱管狭窄症 ...

我々整体師は、骨格のゆがみだ筋肉の緊張だとお客さんに説明をし、施術をしています。 体に現れている現象としては、すべて起こっていることです。 我々は、結果を語っているので間違いを言っているわけではありません。 では、何故筋肉が緊張しているのでしょうか? 長 ...

なぜ前屈すると腰が痛いのでしょうか? それは、腰椎が後方に湾曲しているからです。 腰椎は、本来前方に湾曲しています。 それが、長年の不良姿勢や、老化により後方へ湾曲してしまったために腰に負担がかかり痛みが発生しているのです。 以前にも書きましたが、背骨の ...

↑このページのトップヘ