瞳


私が運営している別のブログの記事にも書いたのですが、最近飛蚊症が酷くなり少しイライラしています。

きっかけは、夏に車のミラーからの反射を見てしまい、長時間残像が残ってしまった時からです。

残像が消えた後から、飛蚊が目の中央付近で見えるようになり、なんかやばいぞと感じてしまいました。


 スポンサードリンク





私は体で気になることがある時は、極力医者に診てもらうようにしています。

この時もちゃんと、目医者に行ってきました。

網膜剥離や、目の白濁は無いとのことでしたが、硝子体内部に効く治療法はないので一生付き合ってくださいとのことでした。

知り合いに聞いても、ある一定の年を超えるとみんなある程度は、飛蚊症の症状があるようです。

そこでネットで調べてみたところ牛車腎気丸という漢方薬が、多少効果があるようです。

詳しくは、「行列のできる飛蚊症専門治療院|山田クリニック」サイトへ

私は気軽に手に入るクラシエの牛車腎気丸 を購入しました。

クラシエの効能書

効能
体力中等度以下で、疲れやすくて、四肢が冷えやすく尿量減少し、むくみがあり、ときに口渇があるものの次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ、高血圧に伴う随伴症状の改善(肩こり、頭重、耳鳴り)



牛車と書いて「ごしゃ」と読みます。

クラシエの効能書を読んでいくと、まず「体力中程度以下」とありますが、私は中より体力あるような気がします。

ここに書いてある症状で私には、肩こりと頭重は当てはまります。

ただ高血圧では、ありません。

「疲れやすい」のは、一番該当していますから、三か月ほどは服用してみようと思います。


服用二日間の感想


楽天市場で買い4日ほどで届き、最初寝る前に4錠服用しました。(定められた量です。)

翌朝の感想は、毎朝首が痛いのですが比較的スムーズに首が動きます。

痛みもありません。「効いたのか?」

ただ一日目は、フラシーボ反応という事も考えられますから慎重に観察しないと行けません。

ただ効能書きには書いてありませんが、利尿作用があるようで尿の量は確実に増えています。

今日の朝は、明け方4時頃尿意で起きてしまいました。

尿の量が増えていますから、それ相応の水分を摂取する必要があるかもしれません。

牛車腎気丸


牛車腎気丸は、腎に作用する漢方薬です。


東洋医学で言うところの腎は、生命の根源的エネルギーの「精」を蓄えているとされ、この精が尽きると人は死へと向かいます。

「腎」は成長や生殖を司り、体内の水分をコントロールする機能が有ります。

西洋医学で言う腎臓とは違い、機能的な側面が強くなっています。

西洋医学的には、利尿作用と解されますが、東洋医学的には水の流れを整えたというふうに考えます。

飛蚊症は、目の硝子体内の曇りですから、体内の水の流れを整えることで、デトックス効果が生まれ飛蚊症も改善されるのかもしれませんね?

素人考えですから、間違っているとは思いますが、自分なりの解釈を持つことで続けられます。

目に効くツボ太衝

山田クリニックさんのHPには、目に良いツボとして太衝(たいしょう)が紹介されています。

太衝は足の甲にあるツボで、足の親指と人差し指の間を、足首側に上り出っ張ったところのすぐ下にあるツボです。

461158
このツボは、腎経のツボではなく肝経のツボで、足の冷えの解消や肝臓の働きを高め、筋肉の疲れを取ります。

また肉体疲労や眼精疲労などにも有効です。

ツボは、じっくりと時間をかけて押すと効いてきます、お風呂などで押すと足の冷えなども解消されます。

まとめ


西洋医学的に治療方法がないときは、東洋医学を考えるのも一つの手です。

漢方薬の牛車腎気丸とツボを押して、飛蚊症が少しでも改善できるか、三か月後くらいに良い報告ができるか、頑張ってみます。






シンプルライフランキング

スポンサードリンク







 
スポンサードリンク