こころ軽やかな暮らし

東京で暮らしていると、知らず知らずにイライラしてしまいます。少しでも、余裕 を持てるようにと暮らしを考える日々です。

2018年02月

 

モバイルデータの上限になってしまいました。

今日が2月の27日ですから、明日一日我慢すれば3月になりまた使えるようになります。




 スポンサードリンク







私は楽天モバイルを使っていて、契約は3.1GBという一番リーズナブルなプランです。

私は、家庭も職場もWi-Fi環境なので、3.1GBで上限を超えたことがなかったのですが、今回は全く多く使った心当たりがありません。

全く謎です。

私のiPhoneは4年半ほど経っているので、自宅と職場以外では電池の不安があるためあまり使わないようにしています。

おそらくフリーWi-Fiだと通信環境が悪くなるので切ったのを戻し忘れて、ずっと使ってしまったのかもしれません。  

今日ちょっと用事があり有楽町に行ってきました。

時間が在ったので、皇居の周辺をウロウロしたのですが、スマフォなし状態で街を歩くのは本当に久しぶりです。 二重橋

スマフォではなくデジカメで撮影した、二重橋です。

ちょっとピントが甘いような気がします。

以前はスマフォなしでこうして歩いていたのに、今やスマフォなしでは色々物足りなくなってしまいますよね!!

便利なものを知ってしまうと、逆戻りは出来ませんね。

一生懸命に、スマフォなしの街歩きはそれなりに情緒があると心で唱えながら、デジカメで写真を取っていました。

データ通信出来なくても、スマフォで写真取れるのですが今回はデジカメで取ってみました。

ま〜早く3月が来ないかな!!!





シンプルライフランキング

スポンサードリンク







 

現代型栄養失調かもしれません!!献血結果が届きました。  
前回のブログで、献血に行ってきた顛末を書きましたが、献血結果が郵送で送られてきました。(前回の記事>>>)

献血結果は異状はないのですが、チョット値がショートしている項目が四つほどありました。  

総蛋白TP―6.4(基準値:6.6~8.2)
アルブミンALB―3.9(基準値:4.0~5.1)
コレステロールCHOL―134(基準値:140~259)
白血球数WBC―35(基準値:38~89)  

この結果を見て思うことは、タンパク質が足りていないということです。

総蛋白は判りますが、アルブミンと言うのは血清タンパクの50%を占める物質で、病気で栄養不足になると減少します。

私の場合病気もしていないのに、基準値より低いのはおかしいでしょ!!


カラダの豆事典と言うサイトで、『「異常なし」でも要注意?!健康診断
総蛋白:タンパク質は体のあらゆる部位をつくる成分。基準値内であっても「総蛋白」が低い場合は、栄養不足になっている可能性が。食生活を見直してみましょう。 総コレステロール:高いとNGとされる「総コレステロール」ですが、低すぎると自殺率が上がったり、攻撃的な言動や精神不安定に結びつくという報告もあります。またホルモンの原料に必要なので、低いと全身の働きが悪くなることも。
                                            出典:サワイ健康推進課 からだ豆辞典
 
私の場合懸念されるのが、最近言われる現代型栄養失調なのかもしれません。

現代型栄養失調とは

貧困の時代の栄養失調は、総カロリーが不足生命維持の不安が出る状態を言います。

それに対して現代型栄養失調は、総カロリーは十分満たされていますが、ある特定の栄養素が足りなく、何となく不調感が続く状態を言います。

現代社会では、加工された食品を食べることが多く総カロリーは多すぎるくらいですが、ビタミン・ミネラルなどの微量栄養素が欠乏気味になっています。

コンビニや総菜屋さんの食事は、食中毒を懸念するあまりビタミンやミネラル類が少なく、味をしっかりさせるために塩分が多くなっています。

食中毒の元となる菌もまた生物ですから、人間と同じくビタミンやミネラルを必要とします。

食中毒の菌を増やさないためには、ビタミンやミネラルが少ない方が食中毒になりにくいというパラドクスが有るわけです。

また朝や昼の食事は、パスタ・麺・丼物など炭水化物の多いものが主になりがちですよね!!

これらの物は、カロリーは十分すぎますがビタミンやミネラルなど微量栄養素が不足してしまいます。

わたしも、夜は十分に栄養素は取れていますが昼が炭水化物比率が高くなっています。




スポンサードリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4762071580208430"
data-ad-slot="1802011399"
data-ad-format="auto">


現代型栄養失調の症状

体がだるい・疲れやすい イライラする・集中力がなくなる めまいや立ちくらみが起きる 肌荒れが起きる 髪がよく抜ける 朝の目覚めが悪い 寝付きが悪い 風邪(かぜ)をひきやすく治りにくい 傷の治りがおそい 口内炎がよくできる 女性は生理不順になったり生理が来なくなったりする 味覚が鈍くなる 性欲の減退

                                                     出典:キュアの癒し系ブログより
「キュアの癒し系ブログ」さんより引用させていただきました。

この項目を見ていると、私は集中力が以前に比べて落ちています。

集中力が落ちていると感じるのは、以前に比べ本を読む量が減っています。

本を読んでいても、つい他の事に気が行ってしまい長時間読めません。

ただ言えるのは、忙しすぎるのも本を読めない原因の一つです。

後の項目は、寝つきも良いし、目覚めも悪くありません。

血液検査の結果はあまり良いとは言えませんが、現代型栄養失調と言うほどではないような気もします。

セルフメンテナンスへの道

具体的にどの栄養素を摂れば良いのでしょうか? もちろん個人個人によって違うでしょうが、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンC・カルシウム・タンパク質・亜鉛・鉄分などをしっかりと摂取することが重要です。

食事の改善は重要ですが、サプリや医薬品の摂取も補助として必要と思います。

私は現在、エビオス錠・マルチミネラル・ビタミンCを飲んでいます。

検査結果を考慮するとアミノ酸を摂取するのが、望ましいと思われます。

エビオスには割と多くのアミノ酸が入っているのですが、これだけでは足りなかったようです。

マルチミネラルを飲みきったら、ディアナチュラ ストロング39アミノマルチビタミン&ミネラルと言うサプリを飲んでみようかと思っています。

次回献血が可能になるのが、5月4日ですからその一か月前から栄養状態を本気で整えていきます。




シンプルライフランキング



スポンサードリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4762071580208430"
data-ad-slot="9311442194"
data-ad-format="auto">



 



 

私の回りを見ても、本当にモノで溢れかえっています。

飽食の時代だとか消費社会だとか言われましたが、食べ物にしろ身の回りの物にしろとにかく溢れていますよね。

この間、頂き物をして綺麗に包装してあったのでつい丁寧に開封して包装紙を保管してしまいました。

その行為をした後、「この包装紙絶対に再利用しないよな!」とふと思いました。

私の世代の親たちは、紙袋や包装紙・ひもなど頂き物などで綺麗なものは必ず保管していました。

もちろん今でも再利用する人は多くいることでしょうけど、下手に取っておくと家が物で溢れてしまいます。

欲望のハードルを下げる


物があふれている現代、ほとんどの人が今欲しい物があると思います。

その欲しいものが、本当に必要な物なのかそれとも単なる欲望なのかわからなくなってしまっています。

モノを買う・モノを持つという欲望だけに、心が奪われていないか常にチェックが必要な時代です。

何か一つのモノを買って、そのすぐ直後にもう次に買うモノを考えているようだと危険状態です。

これはもう欲望のハードルが、どんどん高くなっている状態です。

人間の欲望は、求め始めれば際限なくなってしまいます。

「欲望のハードルを下げる」ということを常に意識していなければ、どんどんハードルは上がってしまいます。

求めなければ、心が軽くなっていく


小さい子供は、些細なものでもプレゼントするととても喜んでくれます。

でも子供も成長し、モノを貰ってばかりいると喜んでくれなくなってしまいます。

本当ゲームとか今流行りのモノ以外は、全く反応しなくなりますよね!!

小さい子供は、些細なことでも感動しますが、成長とともに感動が小さくなっていきます。

これは成長とともに、欲望のハードルが上がってきているためです。

 

欲望のハードルが上がると、他者へもいろいろなものを要求するようになります。

「私がここまでしてあげたのに、相手は何もしてくれない。」

「自分はこんなに相手のことを思っているのに、全く気を使ってくれな」

など自分の思いに相手が、応えてくれるようにと欲求してしまいます。

他者へ求めすぎたり欲求を突き付けすぎることは、人間関係を辛いものにしていきます。

他者に対する欲求のハードルを、下げてみてはどうでしょうか?

自分が自分がと思う気持ちを下げ、自我を薄めていければ、人間関係を楽にし心も軽くなっていきます。

肥大化した自我は、執着心であり、欲望の凝り固まった心の状態です。

求める心から、与える心へ


他者に求める心から、感謝をして他者に与える心へと変われれば、人間関係は変わってきます。

人間は型から入って、実践することで変わっていけます。

他者に求めず、小さい事でも「ありがとう」と言い感謝の心を育んでいくことが、心を軽くしてくれます。

他者へ常に感謝することで、自分が変われば相手も変わってきます。

人間関係は「Give and Take」ではなく、「Give and Give」を基本として、感謝の心を常に持つことです。

すべての人間関係を、こうは出来ないかもしれませんが一人でも二れでも相互に与えあえる関係が出来れば幸せなことです。

人間関係に、オアシスが出来ればやすらぎができ心の余裕が身体全体に波及することでしょう。

 

まず一歩、「感謝の心」を持とう!!

↑このページのトップヘ