こころ軽やかな暮らし

東京で暮らしていると、知らず知らずにイライラしてしまいます。少しでも、余裕 を持てるようにと暮らしを考える日々です。

2015年07月

夏の果物で好きなもの ブログネタ:夏の果物で好きなもの 参加中

  ​


 スポンサードリンク


夏の果物で、子供の頃一番好きだったのはスイカです。

 夏の風物詩みたいな果物ですよね。

ところが、このスイカピーク時に比べると生産量が、半分以下までに落ち込んでいるそうです。

 嗜好が多様化しているため、生産量が減少しているようです。

確かに、我が家でもスイカを食べるのは年に2・3回といったところです。

 私もそうですが、うちの息子はスイカの種がめんどくさいと言いスイカはあまり好みません。

 私の子供の時は、縁側でスイカを食べ、種を飛ばすのが楽しみの一つでした。

 スイカの種って、結構簡単に発芽するんですよね。

 実がならないかなと楽しみにしてましたが、もちろん生ったこともないし、母にすぐ抜かれてしまいました。

 山や母の実家に行くと川やタライで冷やしていました。

 これも、一つの風物詩ですよね! 時代の変化に対し、人はノスタルジーという反応を示します。

 過去の風景は、良いものだけ残され美化されていきますよね! 過去の風景は、空想の風景に似ているのかもしらませんね。




健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク


暑くてボーッと頭が働かないときに!「脳機能を改善する」パワーフード5つ 暑い夏は、なんだか頭のネジが緩んだようにボーッとして、「どうも考えがうまくまとまらない……」なんてこ..........≪続きを読む≫ 整体師をやっていますが、暑さが厳しくなり徐々にお客さんが増えてきてます。

この半月ぐらい暑くて外出を控えている人が多いのか、超絶レベルの暇さ加減でした。

やっと少しづつ忙しくなってきたので一安心です。

問題は、お客さんの夏バテを解消できても自分がバテてたら話になりません。


この記事の食べ物、わりと手に入りやすいので食べながら頑張ろう!!

YahooのTポイントの固定ポイントが失効するというので、メールの内容を確認せずに、即ファミリーマートへ行ってしまいました。

ところが、コンビニ等実店舗での使用は関係ないとの事でした。

たった101ポイントなのですが、101ポイントただで貯めるのは結構手間がいる作業だったので、ついYahooショッピングでサプリを買ってしまいました。

ま~いつも買っているサプリなので、ドラックストアーで買うのもYahooで買うのも一緒と思い買った次第です。

もちろん、ちゃんとポイントは、使いましたよ!

でもそそっかしいし、Yahooに乗せられてるよね!

こういう奴が、ネットで騙されるんだよね!きっと 自分に呆れながら、ブログネタにしてます。

フォーク世代もしくは、ニューミュジックと言われる音楽を聞いていた我々の世代の、音楽は暗いですよね。

根本に反戦が埋まっているので、表面の歌詞と裏に流れている主張をのギャップを読み取り共感していたのでしょうね。

拓郎の「夏休み」は、過去の楽しかった夏休みはもうやってこないと言う郷愁を歌っているのだけれども、現在なぜ楽しい夏休みがやってこないかが不明です。

綺麗な姉さん先生が、いなくなった事が直接の原因と思えるのですが、もっと秘めた悲しい事が潜んでいるように感じられます。

40年前には思わなかった事ですが、拓郎は無常を感じていたのかもしれません。

楽しい夏休みがやってくるでもその先に流れていく時間への無常感、それがたまらなかったのかもしれません。

やはりこの無常感を感じる曲として、「祭りのあと」という曲があります。

この曲の方が、ストレートに悲しみを訴えています。

華やかで楽しい事のあとにやってくる寂しさ、華やいでいる若い時代のあとにやってくる物、繁栄している現在のあとにやってくる物。

華やいている物だけが続くのではないよと常に警告し、心を戒める曲なのでしょうね!

夏は、太陽の光が強く華やいでいますが、強い光の影は深い闇かもしれませんね。


 


20代の自分と50代の自分では、全然タイプが違っていると思います。

若い時は、ちゃらんぽらんで今思っても、もっとコツコツと物事をやっていればよかったなと反省してます。

考えてみると、結婚と仕事が大きく人を変えていくファクターだなと思います。

どちらも、自分の思い通りになりませんし、耐える事が多い事です。

結婚生活、お互いにある程度我慢しないと、早晩離婚という事になるでしょうね!

さすがに忍耐力がついたなと自分でも感心します。

今なら受験勉強続けられるなと思いますが、生活のため働かないと!

それが、成長という奴ですかね(=⌒▽⌒=)

ただ自分んで思うのは、真面目に小さくまとまってしまったなとも感じています。

無謀な事できないし、激怒したり、大喜びしなくなっている自分がいます。

でも、これはこれで良いかなと今の自分の成長過程を満足してます。

人間死ぬまで成長、30年前の自分と同じじゃダメですよね! まだまだ大きく変わっていきます。

タイプどんどん変えていきますよ!!!!

 

0d7b49775fbdfc994964782abba65b78_s


前回の記事で、今年はセミの声を聞かないと書きました。

それは、私の家の周辺限定のようでした。(きっとそれも間違えでしょうけど)

昨日、御茶ノ水に行ってきたのですが、聖橋の周辺はセミの声の大合唱でした。

今年もセミたちは、元気よく鳴いているようです。


早い物で、もうトンボを見ました。
67f32a0ef0d5dbd7ea123cb525f3a638_s


この写真はイメージ画像ですが、こんな色してました。

それに反して今年は、セミの声をまだ一回しか聴いてません。

セミも、大発生する年とそうでない年が有るようですからね。

今年は、どうでしょうか?

それとも、これからセミが鳴き始めるのかな?



50代も後半になると、つい昔話をしたくなります。

私が中学くらいの時は、うな重は確か600円くらいだったと記憶してます。

中学くらいになると、子供だけで新宿あたりに買い物に行くよになっていました。

友達のお父さんが某電鉄会社の社員だった関係で、関連百貨店のお好み食堂でうな重を注文し600円代っだた気がします。

私の子供時代は、今と違い海洋汚染ひどくうなぎの取れるところも減っていたのではないかと思うのですが、子供でも手が出る価格だったのですね。

この時は、とても美味しかったと記憶しています、しばらくはマイブームになり百貨店位行くとうな重ばかり食べていました。

それから数年すると、もう軽々しくたべれない物になってしまいました。

写真ですが、今日の夕飯に出た一片のうなぎを、撮ったものです。

この倍はあったのですが、食べてる最中に撮影を思い立ったのでとてもわびしい物になってしまいました(=⌒▽⌒=)

腰痛の女性



 スポンサードリンク


整体師をやっているのにお恥ずかしい限りなのですが、腰回りに痛みがあります。

胃が痛いのか、腸腰筋の拘縮なのかはたまた癌なのかわからない状態です。

仕事柄どうしても前かがみの時間が長くなります、普段から気を付けているのですが腰が前に曲がっている。

腰椎は、基本前方向に湾曲しています。

背骨は生理的湾曲といって、頸椎は前湾・胸椎は後湾・腰椎は前湾という風にしなやかに曲がっています。

ところが長年の不良姿勢から、きれいな湾曲から人は遠のいてしまいます。

私の場合腰椎が後湾状態となっています。

そのため、前屈を深くすると痛く、後屈は曲がりにくい状態です。

こういう症状の方にお勧めなのが、マッケンジー体操です。

やり方は、簡単でうつ伏せになり腕を伸ばしエビぞりになり、腰(腰仙関節付近)を意識し何度か深呼吸をします。

これを10回くらい朝晩寝る前と起きる前に繰り返すという体操です。

詳しくは、ネットで調べてください。

私も最近始めました。

7割の腰痛は、これで改善しますよ。

私の場合ただ腰痛だけが、問題ではありません。

腰回りの筋肉、関節全体が固いといった感じで、痛みはたまにしか出ません。

栄養素も関連しているなといった感じです。

身体を柔軟にするために必要な栄養素としては、タンパク質・クエン酸・抗酸化物質といったところが思いつきます。

タンパク質は、筋肉の材料となります。

人間は身体を使うときアミノ酸が必要となり、このアミノ酸を筋肉などから放出します。

これを補うために、良質なたんぱく質が必要になります。

クエン酸は、人間のエネルギー産生にかかわる物質です。

これが潤沢に回転すると、疲れが取れやすくなります。

抗酸化物質は、まさに体のさびを防ぐ物質です。

ビタミンC・Eなどが有名です。 ところが私の場合、これらは結構とっています。

最近はたと気づいたのが、良質な水分をとっていない事に気づきました。

細胞内の水分が澱んでいる? マッケンジー体操と水分を1.5リッターをまず取って、様子を見てみたいと思います。


腰の激痛が消える! 革命的療法!! マッケンジー体操 (TJ MOOK)/石橋 俊郎



¥802 Amazon.co.jp


 




健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク



私はまずとても悲観的に物事を、思考します。

しばらくは、悪いこと悪いことを考え続けています。

ところが、しばらくすると悲観的なことを考えている自分に飽きてしまうんですね。

「まあいいやと」思考を打ち切り、今までも悲観的に考えたことが実現したことないし、いつもなるようになってそれはそれなりに満足しているしと楽観的に考えになります。

暗いことを考えて自己憐憫を楽しいんでいるのでしょうね!

最近は、いろいろ思考するのが面倒くさいので、いきなり気楽に考えたり思考しないようになっています。

今目の前にある問題や事象を一つ一つ解決して行くことに集中しているので、「下手の考え休むに似たり」という境地になっています。

似た者夫婦なのか、うちのかみさんはもっと心配症なのでそれを見ているうちに無駄な考えをしなくなったのが真実ですがね。

変わらないことは、朝家を出て時々思うのです、ここで死ぬかもしれないとか、家族にもう会えないかもしれないという考えというか、覚悟は常に持っています。

ちょっと意味が違いますが、一期一会と常に思っています。

『安土桃山時代、茶人の千利休の弟子である山上宗二が言った「一期に一度の会」という言葉に基づく。

本来は茶道の心得から出た言葉であり、その日の茶会での出会いは一生に一度しかないのだから、それを大切にして誠実な心で人と接するべきだということ。

「一期」は、仏教用語で生まれてから死ぬまでという意味。 「一会」は、主に法要などで一つの集まりや会合のことをいう。

ともに仏教と深い関係がある言葉であると言える。

【出典】 『山上宗二記』茶湯者覚悟十体 =故事ことわざ辞典より=』 私が言うとちょっと嘘くさい覚悟ですが、だんだん年を取ってきていろんな人の死を見てたからでしょうかね。


 

↑このページのトップヘ