今日久々に、長年ダイエットのサロンを、経営している方とお話しする機会がありました。

そちらでは、もちろんクライアントの希望により違うようですが、一月で脂肪を2・3キロ減らすのが標準的なプランのようです。

筋肉を減らさず、脂肪のみを落とすことに注力を注いでいるようです。

 そのオーナーさんは、これだけ情報が多くあるのに、体重だけを減らせばよいと考えている人が、数多くいると心を痛めていました。

筋肉量が減ると、代謝能力が低下し脂肪を燃焼する能力がなくなりなす。

 単品ダイエットのような無理なダイエットをすると、たしかに最初体重は落ちるのですが、すぐに止まってしまいます。

 何故でしょうか?

 それは、筋肉が落ちたので、その分だけ体重が落ちたのです。

 しばらくすると、筋肉が減少したので脂肪を燃焼する能力が落ち体重減少のスピードが落ちます。

 筋肉は、体温を上げる作用もあります、筋肉量の低下は低体温状態をも作ってしまいます。

 これでは、何のためにダイエットしているのか分からなくなります。

そうなると、ダイエットを中止してしまいます。

結果は、筋肉が減り、脂肪は減らないという状態になります。

 ダイエットを中止すると、当然リバウンドが起こります、リバウンドは脂肪のみが復元し体脂肪率は、体重は同じでも値は悪化しています。

 良いダイエットは、筋力とレーニングをやり、タンパク質・ビタミンB・ビタミンCを適正量を摂取することが、基本です。
10年後も見た目が変わらない食べ方のルール (PHP新書)/PHP研究所

 
¥821
Amazon.co.jp
管理栄養士が、食の基本を教えてくれます。
 このルールを押さえると、健康にダイエットができます。