こころ軽やかな暮らし

東京で暮らしていると、知らず知らずにイライラしてしまいます。少しでも、余裕 を持てるようにと暮らしを考える日々です。

2013年01月

ことし始めての雪。

ゆきは、大変ですね!!!!

営業時間たいは、患者さんは、少ないし、帰りは中央線は止まるしと散々ですね(^_^)

でも、こう言う時こそ、考えなければ 私でいえば、滑りやすい道を歩く時のバランス、筋肉の使い方の実践に関して考えながら歩いてしまいます。 iPhoneからの投稿

正月3日の早朝から激しい頭痛と筋肉の痛み(主に腰回り)それと、発熱。

3日は一日苦しんでいました。バファリンを飲んだ後しばらくは、少し楽になるのですが、もちろん長続きはしません。

前回は、4日の朝やっとの思いで病院を見つけ、点滴治療となったところまで、ご紹介しました。

抗インフルエンザ薬を、点滴で????????

タミフル・シンメトレルなどは、内服薬、子供への使用が多いリレンザは、吸入薬です。

今回私に投与されたアピアクタは、珍しい点滴専用のお薬です。

2010年1月13日に承認さた、まだ新しい薬です。

点滴ですから、もちろん医療機関での投与しかありません。

『成人の場合は、1回の治療でラピアクタの点滴を1回投与することになりますが、1回の点滴でタミフル5日分(2錠×5日分)とほぼ同等の治療効果があるとのこと。』All About健康・医療より

タミフルと同じく、症状発現から48時間以内は変わらずです。

私は胃腸が弱いので、薬を飲むと腹痛や下痢を起こすことが多いので、血管へ直接投与するこの薬は、なかなか良いかな??

治療の感想としては、薬の飲み忘れがなく一回で終了するのが良いかな。

ひどい頭痛も帰宅時にはなく、その時はすごいと思いましたが、結局多少の頭痛は翌日の午前中くらいまで残りました。

投与から一日ちょっと、翌日の昼には熱も下がり、やっと全快



 3日の午前2時から始まった激しい頭痛は、現代兵器(バファリン)のお陰で、見事制圧かと思われたのですが、 バファリンを飲んだのが午前10時半くらい、それからすぐに睡魔に襲われ、熟睡。

ところが、敵は二時間後には、反撃を開始し、12時半くらいには、もう目が覚めてしまいました。

ま~あの頭痛が一回のバファリンで治れば世話ないよなと思いつつも、バファリンの注意書きでは、6時間は、服用間隔を開けなくてはならないとあり、また一日の服用回数は、2回までにするようにとも書いてあります。

さ~こうなると、バファリンは、もはや使用できない、この兵器は夜睡眠直前まで温存させるしかないと、おぼろげな意識の中で判断。

こう言う頭痛には、マッサージも、冷却も全く役立たず。 まさにお手上げ!!!!!!

今回のインフルエンザの主な症状 とにかく激しい頭痛・頭痛・頭痛といった感じで、高熱ではあったのですが、あまり気にならなかったような気がします。

それと腰痛・腰痛・筋肉痛 今回のインフルエンザでは、頭痛と腰痛に悩まされ。

頭痛と、腰痛で苦しくて七転八倒したいのだけれど、身動きすら辛くて傍目には、静かに寝ていました。

地獄の1月3日もすぎ4日の朝。子供がいつもお世話になっている小児科を、いつからやっているか見に行ってもらったら、ガ~~~ん なんと正月は、7日より診察と叫び

予想はしていたがまさに「御代官様~~」と叫ぶ農民の気分(なんだそりゃ?)。

やっと近くに4日より診察をしている病院を発見して、とぼとぼとべーっだ! 30年ほど前原付で怪我したとき以来の病院へ、8時50分くらいに到着したのですが、予想に反してガラガラ!!??

受付で、熱を測りましたが、なんと8度3分。家では、7度8分くらいだったのに! 重病だ~えっ

30年前来たときは、怖いおじいさん先生でしたが、優しい女性の先生で、一安心ラブラブ!

あまり待たされずに、すぐに診察 喉の検査、吐きそう インフルエンザ検査。

鼻へ綿棒、涙がでる~
などで5分くらいで終了。

早いもんです、結果は10分くらいで出ると言われ待合室へ、ところが診察室の向かい側の宿直医師室へ案内される。

検査センでも、ひと目でインフルとわかったようで、いきなり他の患者さんと隔離されてしまいました。

10分後、先生が来てやはり、A型インフルエンザとの告知でした。 ガンの告知でないので、この症状なら当然かなと思い、タミフルを処方してもらい帰って寝ようと思ったら、点滴治療をしますので、一時間くらいかかりますと言われ、ガッカリ ・・・・・・・つづく




健康と医療 ブログランキングへ 

正月早々インフルエンザになってしまいました。

ドクロ 昨年は、妻が一昨年の大晦日から風邪を引き寝正月と笑っていたら、私はグレードアップして地獄の正月となってしまいました。

元旦の夜布団を引いていた時、大量にホコリを吸ってしまいました。

それから喉がいがらっぽく、喉のみの不調でした。

翌日は、子どもたちと吉祥寺にお買い物ドンッ コレが、イケなかった(* ̄Oノ ̄*)

喉の調子は、更に悪くなり、相当きつい状態。

でも体調自体は、さほど悪くはなかったのですが!!

そして、地獄の夜のはじまりはじまり~

最初は、喉が痛くて眠れないなと思っていたのですが、明け方の2時くらいからまさに割れるような頭痛に襲われ、寒気と、暑苦しさが、交互に襲ってきて、のた打ち回りたいのですがあまりに頭が痛くて、固まっていました。

あまりの頭痛で、まさかくも膜下出血では・・・・・・・・??????


などと真剣に考えてしまいましたが、ハンマーで殴られたほどには痛くないと、自分を納得させ朝までじっと我慢していました。

我が家は、殆ど常備薬が、ありません。バンソーコーとか、傷薬くらいで、飲み薬は、年末服用期限がほとんど切れていたので、処分してしまいました。(すぐ補充しとけ~プンプン

朝10時を待って長男にバファリンを買ってきてもらい 10時半に服用。

この時は、インフルエンザと思っていませんのでこれで解決と思い 多少効いてきたので、ホント3分くらいで熟睡・・・・・・・・!!!!

・・・・・・・・つづく



健康と医療 ブログランキングへ 

↑このページのトップヘ