こころ軽やかな暮らし

東京で暮らしていると、知らず知らずにイライラしてしまいます。少しでも、余裕 を持てるようにと暮らしを考える日々です。

靴の紐を何度も踏むのは、足がふらついている証拠です!?

 

私は整体師をしているもので、つい人の歩く一の姿を観察してしまいます。

駅で前を歩いている人の歩き方の癖で、硬くなっている関節や筋肉を想像しています。

残念なのは、触診して確かめることが出来ないことです。

 

今日も何気なく人の歩きかたを眺めていたところ、若い男性が続けざまに二人左右に体を揺らしながら歩いているのを見ました。(踊っているわけでは、ありません)

一人は一人は十代後半くらいの筋肉の弱そうな感じの人。

もう一人は、20代前半で少し太めの方でした。

 

この二人とも恐らく骨盤の可動性が悪くなっていると想像できます。

骨盤は、左右の寛骨と中央の仙骨によって構成されています。

骨盤と歩行

後ろ側で寛骨と仙骨のジョイントしている部分を、仙腸関節と言います。

この仙腸関節が整体の世界では、とても重要なポイントとなります。

そして前側で、寛骨同士がつながっている部分を、恥骨結合と言います。

この恥骨結合は、歩いている時クランク状に動きます。

それに連動するように、仙腸関節も0.3~0.5ミリ位滑るように動いています。

この仙腸関節の小さな動きが、歩行の重要なポイントとなってきます。

 

先ほどのお二方は、おそらくこの骨盤の動きが悪く代償行為(本来の器官が機能していないので、他の部位が補って機能していること)として体を左右に振りながら歩行しているのではないかと思います。

ただ分からないのは、仙腸関節が拘縮しているのか、恥骨結合の動きが悪いのか、両方とも悪いのかそこまでは一瞬見ただけでは分かりません。

本当に名刺でも渡して、わが整体院に来てもらいたいぐらいです。

ただ二人とも若いので、身体症状は自覚がないかもしれません。

それだと整体院に来てくれませんよね。

これが、30代位になると相当の自覚症状が、出てくるでしょうから話をすればきてくれるかもしれません。

 

骨盤がいかに大切かは、いずれまた書いていきますね!!

 

骨盤の可動性改善は、明日書きます。(多分)

 

 

 

 

ストレスが溜まりすぎているようです!!

 

今日妻と百貨店に、買い物に行ってきました。

百貨店内のハーブ専門店で、ストレスを測定できる機械があり測定してみました。

驚くほどストレスが溜まっていると言う結果に、自分ながらに呆れてしまいました。

 

ストレスを溜め込みやすい体質のようです!!

 

測定方法は指先に測定器をはさみ、一分ほど血流を測定してストレス度を判定するようです。

 

今日朝から少し右肩と腕がしびれ気味で、あまり調子良くありませんでした。

 

右腕全体が疲れていて血流が悪いのか、ストレスで血流が悪いのかは判然としませんが体調が悪いのは事実です。

年末結構忙しく整体の仕事は腕を酷使しますし、また個人的には大きな心配事を抱えています。

ですから、この結果にはあまり驚きませんでした。

 

整体の現場では、心配事とストレスがあると首が固くなると言われています。

よく「借金で首が回らなくなる」と言いますが、借金のストレスで首の筋肉が固くなり首が回らないわけです。

首が回らないとは、比喩ではなく事実回らなくなることがあります。

首が慢性的に回らない方は、ストレスを疑ってみる必要があるかもしれません。

私もこのところずっと右首が強張っています。

 

新年ストレスを抱えながらも、のんびり多少出来ましたので、明日からストレスのもとを断ち切るよう覚悟を決め、困難を克服していくしかありません。

 

心と体は一体です、心が挫け無いようにするには体を整えることも必要です。

 

私は今年が正念場、覚悟を持ってすべてのことを克服していかないと!!

 

ま〜適当に妥協しながら、肩の力を抜きながら歩んで行きます。

昨日の夜は、元旦とスーパームーンが重なるというとてもまれな日でした。

2018年スーパームーン

キャノンのコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)で撮影したのですが、少しピントが甘いのが残念です。

スーパームーンは、天文用語ではなく占星術から来た言葉のようです。
スーパームーン (Supermoon) とは、満月または新月と、楕円軌道における月の地球への最接近が重なることにより、地球から見た月の円盤が最大に見えることである。
出典:ウィキペディア

 

ただ、1日スーパームーンとするニュースと2日とするニュースがあり、素人の私にはよくわかりませんが、2日が満月なので今日なのかもしれません。

1日説ニュース>>

2日説ニュース>>

スーパームーン

ほぼ同じに見えますが、最初の写真が1日、二枚目の写真が今日撮影したものです。

今日の写真のほうが、ピントがシャープに撮れています。

 

月は心を写す鏡と言われています。

私たちは、自分で自分を痛めつけてしまう癖があります。

自分の至らないところは、自分が一番知っていますからついつい自分で自分を傷つけてしまいます。

でも満月を見ながら私たちは、自分の良い部分を見ていかないといけないと思ってしまいます。

大人になると他者はなかなか褒めてくれません、自分くらいは自分の成功を褒めてあげないと、自分の心はどんどん萎縮してしまいます。

月という鏡に自分が成功し誇らしい姿を、見るようにしたいものです。

自惚れではなく、冷静な目、一歩引いた目で自分を見る、そして後悔ではなく反省しつつ良い部分を褒めてあげましょう。

スーパームーンを見ながらふと思いました。



 

新年あけましておめでとうございます。

一年はアットいう間に過ぎていきますね!!

気が付けば今年は、年男でしかも厄年・還暦です。

思えば時の過ぎ去るのは、早いものです。

 

十干十二支は60年が一周期で、人生60年がワンクールです。

数えで61歳の還暦は、新しいクールのスタートの年ということです。

十干と十二支の組み合わせが60通りあり、今年は「戊戌(つちのえいぬ)」といいいます。

漢字的には似たような字ですが、意味合い的には正反対の漢字です。

この「戊戌」は、意味合いは「大いなる繁栄の年になるか滅亡の年になるか」ということのようです。

60年前現在の安倍首相のおじいさんに当たる岸信介が、首相を務めていました。

岸首相の時代といえば、安保闘争で社会が大きく揺れていた時代です。

現在は、北朝鮮の問題で大きな国難に直面しています。

この「戊戌」の年は、大きな変動のスタートの年なのかもしれませんね。

個人もまた、大きな繁栄をつかむ人と衰退に陥る人と両極端に別れる分岐点の年ともいえます。

私個人も還暦という節目であり、第二に人生のスタートの今年よく計画を立て好スタートを切りたいと思っています。

人生楽しくなくちゃね!!

 

人生の節目です、神様や仏様・ご先祖様に生かしていただいていることに感謝を込めて、初詣に行ってきました。

私は中央線の阿佐ヶ谷駅を普段利用していますので、阿佐ヶ谷周辺の寺社にお参りしてきました。

阿佐ヶ谷の寺社



阿谷山正覚寺世尊院
世尊院は、普段は境内に入ることが出来ませんが正月のこの時期だけは境内に入ることが出来ます。

実は私もいつも横を通っているのですが、境内に入るのは初めてです。

本堂の西側には、観音堂がありこちらわ入ることが出来ますのでよく参拝しています。

 


阿佐ヶ谷神明宮
世尊院のすぐ横に鎮座しているのが、阿佐ヶ谷神明宮です。

この神社は、三貴神を同時に祀っている珍しい神社です。

三貴神とは、天照大神と月読尊・素戔嗚尊の三柱を指します。

この三貴神は、神々の中で最も尊い神とされています。

その尊い神を一箇所でお参りできるのですから、とてもすごいことです。

私は月に10回くらいは、参拝するマイパワースポットです。

 


馬橋稲荷神社
神明宮より南に10分位歩いたところに、馬橋稲荷神社があります。

私は阿佐ヶ谷の北側に住んでいるので、南側はあまり行かないので馬橋稲荷神社は初めての参拝です。

阿佐ヶ谷にこんな神社があるとは、知りませんでした。

娘がネットで調べてきて、今度行ってみようと計画していた神社です。

入り口に2つ鳥居位があり、奥の鳥居位には、昇り龍と下り龍が掘られています。

 

   

眺めているとご年配の女性たちが、この龍を背伸びしながらなでていました。

女性に聞くと、とてもご利益があるとのことでした。

鳥居位の横には、ちゃんとお賽銭箱がありこの竜神をお参りするようになっています。
龍の巻いた鳥居は品川神社と宿鳳山高円寺境内にある稲荷社と馬橋稲荷神社の3つのみなので東京三鳥居の一つといわれている。(出典:ウィキペディアより

珍しい鳥居位のようですね。

ネットでもパワースポットとして出ているようです。

初詣だと参拝客も多くゆっくり見ていられませんので、今度ゆっくりと参拝をしてみたい神社の一つです。

 

日本には多くのお寺と神社があります、近所でも十分心を清めることが出来ます。

調べるとそれぞれに歴史があります、近所の歴史を知る意味でも近所の寺社を参拝する価値がありますよね!!

50代60代無理は禁物!!ほどほどで妥協しないとね。

 

人間歳を取ってくると本当に集中力がなくなってきます。

そして、記憶力も悪くなるし、ちょっと別のことをすると直前にやっていたことを忘れてしまいます。

私など二階に何かしに行っても、二階についたときには何しに来たかを忘れています。

本当に呆れてしまいます。

もう〜認知性予備軍だと、自覚する日々です。

テレビの健康番組で認知症の予防にカレーが良いという情報に、みんなで大盛り上がりしてしまいました。

そのせいではないのですが、今日の我が家のメニューはカレーでした。

 

50代になると今までの自分と、現実の自分の状態と思う理想とのギャップでストレスを溜め込む人が多くいるようです。

特にミスが少なく、仕事を完璧にこなしている真面目な人に多いようです。

このストレスが高じてくると、うつ病を発症なんてことにもなります。

50代になれば、若いときのような集中力は無くなりますからできない部分は仕方ないと割り切れればよいのですが、それが出来ないのですよね!!

特に真面目で、完璧主義の人は要注意です。

 

私はなるだけ理装置をあまり上げないようにしていますし、出来ない部分は妥協するようにしています。

ただ、やれるのに面倒くさいとかでやらないで、心に引っ掛かるようなことだけはしないようにしています。

心に引っ掛かることが残ると、これはこれでストレスになります。

 

年と共にイライラせず少し妥協して、少しずつのんびり生きたいものです。

 

これは、年の瀬に考え来年の目標かな?

門松立てないお宅が多いですよね!

今年も後二日ですね、少しですがお正月の準備をしています。

私は毎年だいたい門松を、立てています。

今年も今日(12月30日)の朝職場に行く前に一生懸命立てました。

ただ立てるだけでなく、ちゃんと玄関周りを掃除し、打ち水をしてから立てましたよ😝。

昨日門松を近所のスーパーから買って帰る時気づいたのですが、門松立てているお宅って少ないですよね!!

29日段階では、本当にポツリポツリといった所です、私みたいに30日に立てる人も多いでしょうが、門松を立てる方が少数派のようです。



私が幼い時は多くの家が門松を立てていたような気がします、でも我家だけは門松を立てない家でした。

当時では、少数派です。

子供って普通が好きで、自分のウチだけ違うのを嫌いますよね!!

ですから私は門松に憧れがあり、大人になってからは立てるようにしています。

うちの親父は、へそまがりで伝統て言うものが嫌いなタイプでした。

晩年は、自ら門松を買ってきていました。



4年くらい前一度だけ松飾だけで良いやと思い門松を立てなかったことがありましたが、なんとなく後悔してしまいました。

立てなかった理由は、疲れていてついめんどくさくなっただけなのですがね!!



正月おせち料理は、元旦の朝食べるだけであまりお正月らしい事はしませんが初詣と松飾だけは、外せませんね。

物を捨てられない人達~捨てるコツ五選~

 

物を捨てられないで、家や自分の部屋に物があふれている人、多くいますよね。

私は、あまりものを持たないようにしています、理由は掃除がしにくいからです。

唯一例外は、本です。

それでも、200冊くらいは処分しました。

来年には、本当に愛着のある者だけ残して、処分しようと思っています。(鬼に笑われますが!!!)

実例物を捨てられない人


今日朝出勤したら、約一か月分くらいのタブロイド紙の束が置いてありました。

私が所属する整体院のお客様ですが、物を捨てられない方がいていろんなものを理由をつけて持ってきます。



このタブロイド紙も、「暇なときに皆さんで呼んでください」といつも言われます。お客様がいない時間もありますから、確かに暇な時はあります。

でも、古い新聞は読む気しませんよね!!

それにせっかく紐がかかっていますから、捨てるるのに便利ですからあえて紐を解く気もしません。

この方は食べ物も良く持ってきてくれるのですが、賞味期限を見ないと危なくて食べられません。

半年以上前の賞味期限なんてこともありました。

話を聞くと、物が捨てられないうえに、百均やディスカウンターで買い物するのが大好きのようです。

しかも親も捨てられない人だったようで、母親の着物なんかも持ってきた事が有ります。

捨てられないうえに、買うことが好きとくれば、家の中どうなっていることでしょうかね??

ちょっと見てみたいと思います。

この方などは、捨てるということに罪悪感があるようですし、もったいないともよく言っています。

人にあげたと思うと、物を手放せるようです。

ま~私としては、ここで捨ててあげるのも人助けと思い使えるものは使いますがゴミのようなものは捨てています。

本で学ぶ物の捨て方


この方だけではなく、私の周りにも結構物を捨てられない人が多くいます。

ですから「断捨離」が、ブームになったりするわけですよね!!!

断捨離の著者やましたひでこさんの言っていることは、とても参考になりますし、私の好きな本の一つです。

 

 

あと「捨てる技術」辰巳渚さんの本も物を整理したい人には、バイブルのような本ですよね。

 

 

でも実際には、物ってなかなか捨てられませんよね!!

私は本が好きなのですが、やはり本は捨てられません。

「断捨離」や「捨てる技術」を読んでだいぶ不要な物は処分しました。

捨てるコツ五選


1.収納場所を決め、増やさない


整理整頓の原則は、定物定置です。

定められた物を定められた位置に置くということですよね、でもこの収納場所が増えてしまえば物は増えてしまいます。

決められた物しか置かないようにするのは基本ですが、収納場所を増やせばやはり物は増えます。

収納場所は増やさず、入りきらなくなったら処分するものを決めるということですよね!!

2.使用期限を決めて使わないものを処分する


思い出が有ったり、何となく捨てられないものは、いったん別の箱などに入れ期限を決め、やはり使わない様だったら処分するというルールをつくります。

物によっては、クリスマスなどの様に一年に一回しか使わないものなどシーズン性の高いものがありますから、一年と設定するのが良いでしょうね!!

3.「まだ使える」「もったいない」は禁句


使えるものや壊れていないものを捨てるのは、日本人の美徳としてちょっと許しがたいものがありますよね。

でもそのせいで、部屋が汚れ生活しにくいとしたら本末転倒ですよね!!

物があふれて快適な暮らしができないとしたら、物を処分するしかありません。

また物が多く掃除が出来なければ、黒カビなどが生え健康を害すかもしれません。

心と身体の健康のためと思い、処分すると決断してください。

4.整理する日をスケジュール化する


今スマホが普及していますから、物の整理する日をスケジュール化するのも簡単です。

日々・週・月・年単位で物を処分する日を決めます。

一日の終わりに、レシートやチラシなどの紙を必ず処分などまず自分で決めましょう。

それをスケジュールソフトや、リマインダーソフトに入れスマホの通知に入れておきます。

繰り返し機能が有りますから、毎日や週末月末に処分の通知を設定しましょう。

また押し入れの整理、リビングの片付けなども、スケジュール化すると段取りが出来るようになります。 

何時かやろうは、永遠に出来ません!!

5.プロに頼むのも選択肢に入れておく



今の時代、たとえば「断捨離」などの講習会や、収納アドバイザーなどを職業にしている方が多くいます。


プロのお掃除の専門業者もいます、お金がかかりますが最初のきっかけとして利用するのも手です!!

綺麗で、整理された状態を作ってもらったりヒントを得るのは、動機付けとして重要です。

そこから一歩踏み出すことが、出来るようになります。

 

運気を高めよう



風水などでは、物から気が出ていると言います。


金運を高めるためにトイレに黄色い物を置くだとか、風水は物に着目します。

使われなくため込まれたものは、邪気を出すともいわれています。

物があふれて暗い雰囲気の所にいると人間は、影響を受けやはり暗くなります。

運気の低い部屋にいたら、いくらパワースポットに行ったとしても開運しませんよ

物が少なく、きれいな家で、運気を上げましょうね!!

お腹は冷えから守らないと!!腹巻の効用

 

今年の12月は、例年より寒いですよね!!

今日寝ていて、寒くて目が覚めてしまい毛布をもう一枚かけ再度で寝ました。

今着ているパジャマはウエストのゴムが伸びてしまい、腹を出した状態で寝ていました。

それが寒さを強く感じた原因かもしれません。


通勤中に造成中の土地を見たらうっすらと白くなっています、東京でも霜が降りていたのですね!!

寒いわけです。

私は早番の時は、駅まで25分かけて歩いて通勤するようにしています。

遅番の時は、帰り早く家に戻りたいので自転車通勤ですがね。

今日は早番で、歩いて通勤しているうちにだんだんお腹が痛くなってきました。

「あ~夜お腹を冷やしたせいだな!!」と独り言を言いながら駅まで急ぎました。

腹巻の効用


私は普段から胃腸が弱く、ちょっと暴飲暴食をすると下痢したり腹痛に見舞われます。

お腹が痛くなり、ふと思い出したのですが小学生の時母が毛糸で腹巻を編んでくれ、しばらくそれをして寝ていたことを、少し懐かしい思い出です。

1.基礎代謝を上げる効果

背骨の前側を腹大動脈という大きな動脈と太陽神経叢という重要な神経が通って言います。


お腹周りを温めると体温の上昇が期待でき、体温が1度アップすると基礎代謝は13%アップすると言われています。


腹巻によって体温が上がり、基礎代謝が上がればダイエット効果も期待できるかもしれませんね?


2.気力やる気がアップする

古くから武士などは、腹にさらしを巻き戦時の下着としていました。


また、禅宗では、禅帯といい座禅中に鳩尾とお腹の間に帯をして、気を高めたと言います。


古来ここぞというときお腹に力をためるために腹に巻物をしていたわけです。


皆さんも、ここ一番というプレゼンなどの時腹巻でお腹を引き締めるのも一つの手かもしれません。


3.腰痛予防

腰痛の時腰痛ベルトをしますよね。

これは骨盤を締め込むことで、体のバランスが整うのと、筋肉の補助をすることで腰への負担が軽減するメリットがあるために勧められています。

腹巻は、まず温めますので血行を良くしてくれます。

腰痛ベルトほどではありませんが、腹巻きにも筋肉をサポートする効果がやはり期待できます。

腰痛の不安がある方は、普段から腹巻をするのも良いかもしれません。

ただあまり締め付けるものは、4~5時間くらいで外すほうが良いかもしれません。

まとめ


腹巻きは、保温効果を考えるなら下着の上からすると良いでしょう。

腰痛予防とするなら、締め付けるタイプのもを直接肌の上に着ける方が効果があります。

皆さんも一度腹巻きの着用考えてみてください。

 

年賀状を投函期間に珍しく出しました。さらに発見年賀状は52円で出せる!!

年賀状も何となく毎年惰性で、出していました。

でも年を取り、古くからの人との繋がりを細くても残していたほうが良いなと思い始め、今回は年賀状を年内に出しました。

例年は頂いた方にのみ出していたので、年々来る年賀状の数が減っています。

管理が悪いもので、ここ数年頂いてない知人に年賀状を出そうと思ったのですが、もう住所がわかりません。

パソコンを変えた時か、年賀状ソフトを変えた時か最早分からないのですが、古い住所リストが消えていました。

これで、古い知人たちとの縁も切れてしまいましたね!!

年賀状は料金据え置き


年賀状を買いに行って発見しました。

今年の6月1日に、郵便料金が値上げになっていたのですね!

私自体はがきを出すことがないので、すっかり忘れていました。

はがきは、6月1日より一枚62円となっています。詳しくは

知らない人多くいるんじゃないでしょうかね?!

ところが年賀状に関しては、52円に据え置きという措置が取られています。(詳しくは)

期間は、2017年12月15日(金)から2018年1月7日(日)で、この期間に投函すればなんと52円で済むのです。

1月8日以降出すと、10円切手を貼らないとダメになってしまいます。

日本郵便も、年賀状離れを食い止めるために必死ですよね!!!

真剣に生きているか心配


話を私のことに戻しますが、私は来年還暦です。

この年になると、同年代の人が少しずつ亡くなってきます。

数年前ですが、前勤めていた会社の上司の奥さんから喪中はがきが届きビックリしてしまいました。

元上司は、単身赴任中一人暮らしのマンションで亡くなっていたそうです。

まさに、過労死です。

今年心配しているのが、高校の時の同級生です。

まめな男で、私が年賀状出さなくても必ず凝った年賀状をくれるやつでした。

それが今年の正月年賀状が届きませんでした。

病気?死んだ?もちろん分かりません。

それで今年は、早々と(私としてはですが)年賀状を出してみました。

彼から年賀状が届けば、一安心です。

数年前離婚したと書いて有りましたし、その時住所も変わっていました。

一人暮らしなのか?身寄りがなければ、返信もないかもしれませんね?

 

変わらない物はありませんが、こういうものはさみしい事ですよね!!!

 

神社で空を見つめて、心のリセットをしています。

人は生きていくと、色々な障害にぶつかりますよね!

私も今自分の力だけでは、どうにもならないようなことなどいくつか悩みがあります。

基本的に今やらなければならないことに、全力でこなすようにしています。

「今を大事に」「今に生きる」ということを、大事にしています。

そうは、言ってもいろんなことが起きます、心にいろいろ引っかかってくるのも事実です。

そういう時は、お気に入りのお寺や神社で心をリセットしに行きます。



私は普段中央線の阿佐ヶ谷駅を利用していますが、駅の近くに神明宮という神社があります。

ここの神社は、雰囲気が明るくとても良い気分転換の場所です。

私は木々がこんもりして暗い雰囲気の神社は、あまり好きではありません。

ただ明治神宮のように木々に力があり、パワーの貰えるようなところはやはり好きです。

好き嫌いは、あいまいで直観みたいなものですよね!!

上の写真は、今日神明宮で撮影したものです。

今日は神前で結婚式を挙げていたので、柏手も小さく静かにお参りをしてきました。

結婚というのは、本当に一つの門出ですよね!!

本人たちを含め周囲の人達(特に親)の、気の流れなどが大きく変わる事が有ります。

神前で結婚式を挙げるということは、祝うというより生きる決意を新たにするということかもしれませんね。

 



もうちり始めてきていますが、山茶花が綺麗に咲いています。(ひょっとすると、椿かもしれませんが)

山茶花と椿は、同じツバキ科ツバキ属の木なのでちょっと見には見分けがつきません。

 

先週「金スマ」のスペシャルで、聖路加病院の故日野原重明先生の本が紹介されていました。

その中から、iPS細胞の研究の第一人者山中伸弥教授が、選んだ言葉が紹介されていました。

その一つが、「迷った時は遠くを見つめる。」という言葉が選ばれていました。

日野原先生や山中先生でもやはり悩み迷う事が有るのですよね、人間ですから!

私も今いろいろ迷い途方に暮れている部分が有ります、この神明宮から見える青い空を見つめリセットして、今日の仕事を集中しないとね!!

 

生きていくと、心くじけることは何度もありますが、心を元気にしてくれる本はモチベーションを上げてくれます。

日野原先生の本は、まだ読んだ事が有りませんが今回ぜひ読みたいと思いました。

肩の力を抜かないと、首や肩こりは治らないな~

肩や体に力が入ってしまう人は、多くいると思います。

かくいう私もその一人です。

私は整体師をしてますが、お客様を押している時肩が上がり直ぐ力が入ってしまいます。

気が付くと肩の力を抜くようにしますが、なかなかこの癖は取れません。

普段私が、肩の力を抜く方法を紹介します。

肩の力を抜く方法1~呼吸法~

肩の力が抜けなくても死ぬことはありませんが、肩こりや首の痛み・全身の倦怠感などの身体症状が出てしまいます。

肩の力を抜くことに注目していろいろ試し、肩の力が抜けると普段の疲労感が違って来ます。

疲労感があると仕事や作業をする気が失せるし、プライベートなことだとつい先延ばししてしまいます。

主婦の方だと掃除ができないとか洗濯ものがたまってしまうなど、自己嫌悪の元を作ってしまいますよね!!

私が最近肩の力を抜くのに行っている呼吸法を紹介します。

1.姿勢は立ったままでも座ってでも構いません。背筋は伸ばしてくださいね。胸の前で手を合わせ、無理のない程度に手を押し合います。少し片が上がるくらいの力が目安です。


2.この時息を口からゆっくりと吐きます。


3.息を吐き切ったところで、一気に力を抜きます。力を入れた状態の時は肩が少し上がった状態になっています。息を吐く瞬間に肩を下すようにすると、肩の力が一瞬で抜けてしまいます。


4.力が抜けたところで、2・3回腹式呼吸をします。


私は慣れているので一回で力が抜けますが、力が抜けきらないときは数回やってください。

肩の力を抜く方法2~脱力法~

呼吸法と似ていますが、より力を入れてもらいます。

力が常に入ってしまう人は、一旦力を入れそれから脱力したほうが力が抜けます。

人の体は緊張させると、反動で緩もうとする指令が脳から出やすくなるからです。

この脳からの指令を、うまく使うのがポイントです。

1.姿勢はやはり立っていても座っていてもかまいません。息を吸いながら、胸を広げるような感じで肩を上げ思い切り肩に力を入れます。(高血圧の人は、力加減に注意してくださいね!)


2.3~5秒ほど力を入れ、一気に脱力します。上げていた肩を、下にストンと落とします。


3.ここで数回両肩を軽く上げ下げをしてください。


4.最後に後ろ側で親指を組み、出来る範囲で手を上にあげていきます。この時息を吸い、下げるときに息を吐きます。これも2・3回行ってください。



まとめ

力を抜くのもやはり訓練です。

肩に力が入っていると、筋肉が緊張し硬くなると毛細血管を圧迫して血行が悪くなります。

コリや疲れは、血液の循環が悪いと起こりますから、筋肉の緊張を取るのがまず第一です。

筋肉の緊張が取れると、不思議と心の緊張もとれます。

簡単ですから試してみてください。



知り合いの奥様が、酔っ払って前歯を二本折ってしまいました。
知人は「もう飲むな」と言ったのに、呑んでそうなったと怒っています。



それからいろいろあったようで、奥様と別居するとういところまで突然話が進んでしまったようです。

一つの出来事が、思わぬ方向に行ってしまうこともありますよね!!

私も以前酒を飲み過ぎて、手首を痛めたり足首を捻挫したりとこの三年くらいで、飲んでケガを二度ほどしています。

今請け負っている整体院の社長は、人にやたらと酒を勧める人で、断れずついつい飲み過ぎてしまいます。

この二回のけがもすべて、社長と飲んだときの帰りにやってしまったものです。

痛い思いをしても、うちのカミさんなどは自業自得という顔をして全く同情してくれません。

それが原因という訳ではないのですが私は、今年の初めから一年間ほぼ禁酒することにしました。

人との付き合いや、イベントでは少し飲みますが、普段は全く呑んでいません。

 

肝臓の数値は、以前も悪くはなかったのですが、さらに良くなっています。

ただ体重が減ってしまい、BMI値(体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数)的には現在は19.28ですが、一時期は18.93まで落ちてしまいました。

18.5を割り込むと、低体重という範囲になってしまいます。

あと0.43ですから危ないところでした。

ちなみにBMIで普通体重は、18.50以上、24.99以下です。

現在私の体重は、ぎりぎり普通体重という範囲です。


BMIの計算式

体重がwkg、身長が hm(cmではないことに注意)
BMI計算式  BMI=w÷h²

BMI自動計算サイト>>


私の場合酒を飲みながら夕飯を食べていましたから、ついつい長くなり大量に食事していたのでしょうね!!

しかも毎日。

それが酒をやめたので、普通の量しか食べなくなったので体重が減ってしまったようです。

今は一生懸命運動するよになり、筋肉がついたのか体重が少し増えてきてます。




一年に一回の健康診断に行って来ました。

去年は、割と早く呼ばれたのですが、今年は受付段階で1時間半待ちですよと言われました。


本当に待たされ、全て終わるのに2時間以上かかってしまいました。

 

もうこれだけで、疲れてしまい今日一日何もする気がしません


健康診断は、朝食を取らずに行かないといけませんよね!!



病院に着いたのが9時半前、そして終わったのが11時半過ぎでした。

今日は比較的暖かい日でしたが、朝食をとっていないと体にエネルギーが足りず、体温が上がってきません。

こういうことは滅多にないのですが、足先が冷たく温まりませんでした。

暖かい待合室にいたにもかかわらず足元は冷たく、頭はぽっぽしていました。

血液の循環や、リンパの流れが悪いのでしょうね!!

それに、昨晩は休日の前だったので、ついYouTubeなどを見ながら夜更かしをしてしまいました。

でも朝は、中番のとき起きる時間の8時には起きました。

5時間も寝ていません。

睡眠不足で、朝食抜きはやはり体に応えます。

体の芯が冷えているというか、エネルギーが循環していないという感じです。

多忙なビジネスマンは、睡眠時間が短く朝食も取らないで働いているとしたら、毎日こんな感じなのでしょうね。

ビジネスマンの方はこの状態プラス、ストレスも多いでしょうからなお大変ですよね!!

ストレスからの緊張状態では、私のように体の変調を感じにくくなっていますから体への負担が蓄積されてしまいます。

これを続けるのは、危険です。

さらに体にストレスをかけると、緊張状態からアドレナリンが大量に出て、その影響でインスリンの働きが悪くなります。

この状態だと糖の吸収が悪くなるので、糖尿病や高血圧などなどの生活習慣病のリスクが高まりますよね!!

60歳近くなると体の無理がきかなくなるので、冷静に自分の体を観察できますよね!!

中高年の皆さん、睡眠をちゃんと取り朝食は摂りましょうね!!

健康診断で、あまりに暇でついつい自分の体を観察して過労のメカニズムの一端を感じてしまいました。

 

薬は副作用があるものだ!!ステロイド軟膏で実感。

 

私の普段の暮らしの中で、サプリや栄養補助剤などは飲んでいるのですが薬は特に服用や使用はしていません。

還暦まじかで、常用の薬が特にないということはありがたいことです。

血液検査の結果では、少しヘモグロビン値が少し低いくらいであとは問題ありません。

普段はほとんど、薬を使わない生活をしているわけです。

巨大な水ぶくれができる


比較的健康な日々を送っている私ですが、一か月ほど前ですが右の足首に水ぶくれができてしまいました。



汚い足をお見せして申し訳ありませんが、右の黒いのが十円硬貨です。

十円硬貨より大きな水ぶくれができ、仕方がないので久々に皮膚科に行ってきました。

皮膚科では、水を抜きステロイド軟膏が処方されました。

幸い抗生物質は、処方されなかったのでちょっと安心です。

割と多いと思いますが、私は抗生物質を服用して3日くらいたつと軟便となってきます。

太ももに違和感


医師からの指示は、表面の皮膚をはがさないようにとのことでした。

下に新しい皮膚ができるまで、ぶよぶよの皮膚を無理にはがさないほうが、早く皮膚が再生するそうです。

皆さんも、水ぶくれができてつぶしても表面の皮膚は温存して自然にはがれるまで無理しないでくださいね!!

医師からステロイドに関しては特段説明はなく、薬剤師さんからも副作用に関する説明はありませんでした。

ステロイドを使って一週間ほどしてから、階段を降りるとき太ももに変な違和感を感じるようになりました。

表現するのが難しいのですが、筋肉を使い過ぎて突っ張るような張ってくるような感じです。

階段を降り切るとすぐ治るのですが、嫌な感じはしばらく残ります。

ステロイドの副作用


ステロイドというと、副作用が強いというイメージが有ります。

Wikipediaに掲載されている副作用を、項目だけ掲載してみます。
ステロイドの副作用抜粋
満月様顔貌・易感染性・骨粗鬆症・糖尿病・消化性潰瘍・動脈硬化、高脂血症・無菌性骨壊死・白内障、緑内障・精神障害・高血圧・ステロイド筋症・副腎不全・ニキビ様発疹、多毛症・月経異常・皮下出血、紫斑・多飲、多尿・浮腫、低カリウム血症
出典:Wikipedia

この中で私の症状とマッチして気になるのが、ステロイド筋症という物です。
原病による安静でも筋力低下が起り易く、原病の回復とステロイドの減量で遅れて改善してくる。長期作用型(フッ素基がある)のステロイドの長期投与で多いとされている。筋生検では炎症所見がなくtypeII線維の委縮が認められる。プレドニゾロン10mg/日以下では生じないが、40~60mg/日を越えると2週間以内に筋力低下が見られ始め、1ヶ月以上投与を続けるとほぼ全例に筋力低下がみられる。[3]ステロイド・ミオパチーにより呼吸筋の筋力低下・呼吸不全をきたすという報告もある。[4]
出典:Wikipedia

今回処方されたぐらいでは発症しない量ですが、それでも筋力が多少低下して階段の下りで違和感を感じたのかもしれません。

よく医師の説明では、千人に一人とか数万人に一人しか副作用が出ませんと説明します。

そうはいっても稀であっても、発症している人がいるのが現実です。

私のように軽い症状で、気にしてなかったり副作用と気が付かない例も多くあるのでしょうね。

また知り合いから聞いた話ですが、その方は膝に強い痛みが出てヒアルロン注射を受けたところ一週間後激痛で歩けなくなってしまったそうです。

その方がネットで調べたところ、5%くらいの人はヒアルロン酸が合わず痛みが増すことがあるとのことです。

一般的には、ヒアルロン酸は副作用の少ない薬剤です。

まとめ


今回の私の例は、副作用か疲労から来たものかは判然としません。

皮膚の痛みは取れたので、ステロイドの使用は一週間でやめました。

薬には必ず副作用があります、それが漢方薬でも同じです。

薬の副作用には救済制度が有りますので、副作用が重い方は下記まで問い合わせてください。

薬副作用救済制度

↑このページのトップヘ